今月の最新刊

『なぜ科学者は平気でウソをつくのか』 小谷太郎

『疲れがとれない原因は副腎が9割』

科学者の大発見による光と影。人は大胆なウソほどだまされる!?

新型コロナウイルスの流行、この本は、科学者たちの発見を通してウソ(捏造)が暴かれるさまを描いています。それはまさに、人間がウソをつきバレるのと一緒です。 ただし、こと世間を騒がせたセンセーショナルな発見(ウソ)は、その代償も大きなものになります。
昨今、ネットではフェイクニュースや誹謗中傷がはびこり、その匿名性から真実が見えなくなっています。
いっぽう、科学の世界では論文の精査によって、間違った論拠や改ざんされた画像が見破られてしまいます。それでも科学の世界に捏造が消えないと著者は主張します。


今月のオススメ

『思い通りに人をあやつる101の心理テクニック』 神岡真司

『思い通りに人をあやつる101の心理テクニック』

どうしたら思うように相手を動かすことができるのか?

この本に関心を寄せていただいた読者の方はおおむね次のような不満を抱えているのではないでしょうか?
どうしたら、部下が自分の思うように仕事をしてくれるのか?
どうしたら、苦手な上司や取引先をラクラク攻略できるのか?
どうしたら、気になるあの人に振り向いてもらえるのか?
どうしたら、営業のクロージングでNOをYESに変えられるのか?
などなど・・・
では、いったいどうやったら、相手を心理誘導して、動かすことができるのでしょうか!?


フォレスト出版編集部ブログ
twitterもやってるよ!